2005年10月16日

ディレクトリ構造の変化について

GUIとCUIでは得意とする形が違うなぁと思ったので書いてみた。

ディレクトリ構造の変化について



CUIのものを使っているとGUIとの違いに気づいたので書いてみる。GUIが普及しWindowsになってからソフトウェアも充実してディレクトリの使い方が大分変わったかと思う。それに伴う変化みたいなことをチョット思ったので、書いてみる。



ディレクトリ構造の変化


CUIでディレクトリを指定するときは深い階層にフォルダを増やしていくより、浅い階層に沢山のファイルを作った方が速くファイルを指定できて便利だったわけです。パスを通しても結局通したパスの中に階層を深くせずにファイルを作ったりするわけです。
つまり、極端に言ってしまえば、こんな感じとかにした方がCUIで触る分には便利かもしれない。


 
C:┬hogehoge
 ├hoge
 ├xoxo
 ├bar
 └foo
 

GUIに変化する事でコレの構造はチョットばかり変化したと考えてます。視覚的支援が得られる状況ではファイル名を厳密に覚えている必要性はないので、逆に視覚からの情報でファイル名を思い出すみたいな感じになってるかと思います。すると、階層が浅くなっていると沢山の情報がゴチャゴチャと色々表示されて視認性が落ちるためGUIであるメリットが薄くなります。そこで、フォルダを選ぶときに、分かりやすいようにファイルをフォルダで分類とかして分けていたりします。すると自然と階層が深くなり。階層をたどる事で、目的のファイルの正確なパスや、ファイル名を覚えていなくても目的のファイルを探し当てる事がしやすくなっているかと。


つまり、極端に書くと。
 
C:┬・・・
 └┬・・・
  └┬hogehoge
   └hogehoge
 

だから、どうしたって話なのかもしれないけど、ディレクトリの指定方法とかがキーボードで打つと面倒でしかたないくらい深い所にあったりしたので、ソフトの使い方とかディレクトリの構造についてチョット考えさせられたりした。究極的には人間の記憶や思い出し方に問題が移ってくるのかもしれない。この問題はWebSiteの作成するときのカテゴリの問題等にも影響しているかと思います。

posted by リンクしてる人 at 15:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記
関連IT用語解説 Powered by e-Words
関連書籍
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL