2005年10月16日

タスクバーを上に持ってくる

概要:タスクバーを上に持っていく話を見かけて思うこと。

タスクバーを上に持ってくる理由(伝聞)
 Windowsではタスクバーを画面上部に移動している人が結構いる。理由はメニュー、アイコンなどアプリケーションの操作などが殆どの場合画面上部にあり、タスクバーも画面上に合った方が無駄なマウス移動が少なくて済むという話らしい。

個人的に思うこと
 個人的にはタスクバーを上にしても余り意味がないのでは?と思ってます。マウスの移動は結構考えて作られているので、チョット動かすだけでも画面の端になど直ぐに行けます(マウスの設定にもよる)。むしろ、細かい位置指定をする方が時間が掛かっているかと。つまりアイコン等が並んでいる場合は押し間違えなどがも十分ありえるので、そのアイコンの近くで慣れれば自然とマウスのスピードは落ち操作の速度が落ちると思う。まあ、マウス操作に熟練し達人の様になっていれば、速度は変わらないかもしれないですが、メニューなんかから物凄いスピードで選ぶ人とかは、そうはいないでしょう。慣れない操作ならば、メニューの文字とかを読む必要もあるから、意外とマウス操作よりも画面を認識して選択するという行為の方がタイムロスも高いと考えてます。
 つまり、何が言いたいかというと、一箇所に固まって視認性を下げるより、ある程度は分散している方が逆に選択速度、視認性と操作の関係上、素早い操作が出来るんじゃないだろうかと思うわけです。もはやPCの処理速度は勿論の事ですが、操作速度すら洗練されつつある状況では、人間の指の動きより、脳内の判断速度の方が重要なんじゃないかと思ってみたりします。

"Windows XP ステップ バイ ステップのチュートリアル: マウス オプションの調整"
http://www.microsoft.com/japan/windowsxp/enable/training/adjmouse.asp
posted by リンクしてる人 at 14:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記
関連IT用語解説 Powered by e-Words
関連書籍
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL