2005年11月13日

軽いMP3再生ソフト

概要:「軽いMP3プレーヤ」の紹介。注意:動きが軽いのではなくメモリ使用量が少ないという意味。ファイルサイズの容量については着目していません。


「MP3プレーヤ」のメモリ使用量比較サイト
deblog - メディアプレーヤー徹底比較
http://d.hatena.ne.jp/TERRAZI/20031113
軽さの比較をしている。ただ、foobarの所で
>実行ファイルサイズやメモリ消費量こそ1by1よりは多めだが、動作は非常に軽い。
と言ってるがメモリを使ってる分だけ操作したときにレスポンスは良くなるような気がする。ひょっとしたら条件が書いてないので、何か違う比較の可能性もある。よく分からない。
 
■軽いMP3プレーヤの測定を自分でも試してみた
自分で試してタスクマネージャのメモリ使用量を見てみた。条件は起動直後は重たく(どれも7000kとかになったりしている)なるのでしばらくして安定しているときで、プレイリストなどは何もなしで単に起動した状態。OSはWindowsXPHome。音楽を再生すると又多少違うかも。そのうち試すかも。というか、foobarとWinampのみ同じ曲で試した。再生時はメモリの使用量が状況により相当変化するのでかなり微妙な数字に・・・。色々動かして試してみたが、なんとも言いにくい。ログでもとって平均を出さないと難しい。CPU使用率も同様で、CPU時間は一極くらいでは殆ど0だったので比較不能かも。
 
1by1
http://www.mpesch3.de/
タスクバー700k byte以下。操作時2300k程度
 
foober
http://www.foobar2000.org/
タスクバー400k〜900k程度。操作時2200k〜2500k前後
再生時(タスクバー)1800k〜2200k前後1800k程度が普通
 
Dynamo
http://geocities.com/nmnljamz/
タスクトレイ1000k byte前後。操作時2800k前後
 
Lilith
http://www.project9k.jp/
タスクトレイ時は1200k前後。操作時は2500k程度。
 
Winamp
HDN関連"HDN: Winampなサイト"
http://toollinks.seesaa.net/article/2247529.html
タスクトレイ時900k byte程度。操作時2800k程度
再生時(タスクバー)1600k〜2300k 大体1800kくらい

*補足
NyaRuRuの日記 - 反実仮想
http://d.hatena.ne.jp/NyaRuRu/20051022
ここを見る限りタスクマネージャのメモリ使用量は正確ではないようなので、詳しくは他のソフトで調べたほうが良い様子。

■HDN関連
"HDN: 極限まで軽い環境で音楽を鳴らしたい人の為のmpg123"
http://toollinks.seesaa.net/article/2473232.html
"HDN: MadPlayer"
http://toollinks.seesaa.net/article/2522910.html
 
■2ch関連
最も軽快なMP3プレーヤーを決めよう
http://pc7.2ch.net/test/read.cgi/software/1110868232/
 
CPU時間をTimeitで測定したらしい結果が2chにあったのでメモ
名前:69[sage] 投稿日:2005/11/07(月) 12:33:55 ID:yKddxgIf0
%
0.135 mpg123
0.419 gsplayer
0.487 mplayer
0.543 foobar
0.556 1by1
0.766 winamp
0.923 dynamo
1.028 billy
1.248 wyvern
1.386 apollo
1.742 scmpx
3.190 fittle
3.276 winplay3
3.284 madplay
3.978 evil
4.363 kbmedia
5.699 lilith
6.550 windows media v10
7.000 gesplayer
8.099 windows media v6.4
9.874 trayplay

gsplayer、mplayer、windowsmedia v6.4・10、trayplayを追加
foobarをコマンドラインモードで再測定

いまのところGUIの最軽量はgsplayer。
from http://pc7.2ch.net/test/read.cgi/software/1110868232/
 
■HDN関連
"HDN: 極限まで軽い環境で音楽を鳴らしたい人の為のmpg123"
http://toollinks.seesaa.net/article/2473232.html
 
■ベクターで見つけた軽そうなMP3プレーヤ
ぶっちゃけ軽いんじゃないかと思って適当に下のリストの2,3個サイズの小さいのを動かして見たんですがメモリの消費量はWinampの方が少なくて、流石というか何というか。Winampが他のプロセス使ってるなら分かんないですけど。
 
"軽いMP3プレーヤー(Windows95/98/Me/画像&サウンド)"
http://www.vector.co.jp/soft/dl/win95/art/se223433.html
176,931 Bytes / 2001.12.26 VB
Windows MediaPlayer最新版(最新版を推奨)必須

"MP3 Player(WindowsNT/2000/XP/画像&サウンド)"
http://www.vector.co.jp/soft/winnt/art/se285450.html
46,701 Bytes / 2003.5.9 Delphi(VCL30.DPL必須)
動作OS:Windows2000
タスクトレイ=使用時8800k

"Music Search(Windows95/98/Me/画像&サウンド)"
http://www.vector.co.jp/soft/dl/win95/art/se220933.html
301,642 Bytes / 2002.4.22 VB6(VB6.0ランタイム必須)
動作OS:WindowsXP WindowsMe Windows2000
大量のmp3の中から、特定のmp3を一瞬で検索・再生

"シンプルプレイヤー2(Windows95/98/Me/画像&サウンド)"
http://www.vector.co.jp/soft/dl/win95/art/se306181.html
23,887 Bytes / 2004.12.13
DirectX8以降必須
動作OS:WindowsXP WindowsMe Windows2000 Windows98

"シンプルプレイヤー(Windows95/98/Me/画像&サウンド)"
http://www.vector.co.jp/soft/dl/win95/art/se306179.html
23,846 Bytes / 2004.12.13
DirectX8以降
動作OS:WindowsXP WindowsMe Windows2000 Windows98 

"Mnip3♪(Windows95/98/Me/画像&サウンド)"
http://www.vector.co.jp/soft/dl/win95/art/se102733.html
35,506 Bytes / 1999.5.10 VC(MFC必須)
動作OS:Windows98

"Simple MP3 Player"
http://www.vector.co.jp/soft/dl/win95/art/se147683.html
19,804 Bytes / 2000.5.31 VB6(VB6.0ランタイム必須)
動作OS:Windows2000 Windows98 Windows95 WindowsNT
 
■関連

posted by リンクしてる人 at 15:06 | Comment(3) | TrackBack(1) | 音楽再生ソフト
関連IT用語解説 Powered by e-Words
関連書籍
この記事へのコメント
トラックバックどうもさん。
ここ便利なので暇があったら覗かせてもらいます。
それと私はメモリ使用量よりも起動スピードに
軽さという言葉を使っちゃってました。
私自身は起動後はそれほど気にしない人間なので
次は起動スピードを検証してもらえるとありがたいです。

それと1by1ですが、起動もメモリ使用量も
とても軽いのはイイのですが、他の作業していると
すぐに音飛びするのが悩みの種。
Posted by tomy at 2005年03月27日 15:02
それとタイトル欄「PM3」の午後三時になってますよ。
正しくはmp3ですよね。
Posted by at 2005年03月27日 15:03
ご指摘ありがとうございます。MP3の間違いです。誤字とかあまり気にせず書いているので、脳内翻訳してやってください。

操作速度に関しては見た目はシンプルでメモリーが大目に確保されてるものを選べばかなり早いかと思います。起動速度は、本体が軽くファイル検索したりコンポーネントなどを取り込んでなさそうなのを選べば早いかと思います。1by1はエクスプローラ風で表示するためにHDDのファイルの状況を調べていそうなので、その分操作時には他のプレーヤと比べ重くなるかと思います。

音とびに関しては難しいかもです。
inputのプラグインなどの優先度が低すぎる場合や、outputの設定がリソースを沢山使うように設定してないと音が飛びやすくなります。ソフトの設定でバッファが設定出来るものがあるので、それでOutputのバッファ長を長くすると音が切れにくくなるかもです。勿論その分リソースは沢山取るので、同時に他のソフトを使うとそのソフトはその分もっさりしするかもです。
後は1by1の場合mpg123.dll等をプラグインとして読み込んでいそうなので、そういう場合は再生はmpg123で行われます。基本的にコレで音が飛ぶ場合は、mp3再生にマシンスペックが足りてないか、PCで他の作業に負荷掛かりすぎてる可能性が高いかもです。また、ソフトにCPU負荷の高いものやソフト自体のメモリー消費が多いものを使えばその分リソースが不足しやすいので、当然ですが音とびもしやすくなるかと思います。
根本的に解決するにはマシンパワーを上げるか、Winampなどの古いバージョンの出力を使ったり、設定で音質を悪くさせるとか、そういうのしかないかもです。
Posted by linker at 2005年03月28日 03:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


ここは酷い在庫処分ですね
Excerpt: Kojii.net - Opinion : 防衛産業って戦争でボロ儲けできるの ? (2006/8/14) http://www.kojii.net/opinion/col060814.html ..
Weblog: 障害報告@webry
Tracked: 2006-08-18 13:32