2005年02月26日

Thunderbird:MacOSX版を日本語化する

Macではswitch-localesは動かない為、言語環境の切り替えが
できません。

そこで、対策なのですが、下記2つの方法のいずれか一つで
日本語表記での起動をswitch-localesを使うことなしに、実現
できます。


とのことです。
もちろん、事前にExtentionsに日本語化XPIパッケージがイン
ストール済みであることが条件ということになります。
http://www.mozilla-japan.org/jp/l10n/thunderbird/
現時点でThunderbird1.0用はまだリリースされていませんので
念のため。

1.user.jsの作成
/Users/*****/Library/Thunderbird/Profiles/#####.default
内に、下記内容のuser.jsを新たに作り、起動すれば日本語表示
になると思います。

user_pref("general.useragent.locale", "ja-JPM");

また、"ja-JPM"の部分を"en-US"にすることで英語表示に戻すこ
とができます。

2.Applescriptで起動

do shell script "nohup /Applications/Thunderbird.app/Contents/MacOS/thunderbird-bin -UILocale ja-JP > /dev/null 2>&1 &"
quit

Script Editor を起動して上記の2行を書き、適当な名前で
保存します。保存する時に形式は application を指定する
のを忘れずに。
Thunderbird 本体は アプリケーション フォルダに置かれて
いることを前提にしてます。(Thunderbird のアイコンをコ
ピー&ペーストすると完璧ですね。)
----------- 感謝!そして合掌!


from
"スラッシュドット ジャパン | Mozilla Thunderbird 1.0リリース"
http://www.rikai.com/perl/LangMediator.En.pl?a=2004120855


マックな本





posted by リンクしてる人 at 19:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | メール関連
関連IT用語解説 Powered by e-Words
関連書籍
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL