2006年01月25日

お気に入りを考える

概要:お気に入り。ブックマークについてのどうでもいい話。

 IEとエクスプローラについているお気に入り、Firefoxにも同様の機能でブックマークがある。名前は違えど似たようなものはあるので、それについての話。


■お気に入りの抱える苦悩

 整理せずに使っていると、大量のブックマークが溜まる。個人的には複数のブックマークを使い分けているので、1000個とか余裕で超えているかもしれない。全部を数えたことが無いので分からないが、猛烈な数があるし、それもちょっと覚えておく程度で使ってしまったら、そんなペースでは済まない量になってしまいそうなので、結構自粛していたりする。全く使いこなせていない。数が増えすぎて扱いに苦労することもしばしばだが、しかし、全く何にも書き留めておかないと直ぐに忘れ去られてしまうので、これはと思ったらどこかにメモ代わりにとなると、お気に入りになってしまう。時々整理を試みてみるものの、あまりの量に全てチェックするのとかはダルくて無理。


■増え続けるお気に入りをどうするか?

 まずは、お気に入りに課している仕事を分散して明確に分けるべきじゃないかと思う。例えば、覚えておきたいページのメモならば、メモされていてそのページを思い出せればいいだけなので、実際はブラウザのお気に入りである必要性は薄い、テキストでもHTMLファイルでも、なんでもメモさえされていればいいわけだ。必ず見るのが決まっているのならば、ページの更新チェックをする必要がある。


■お気に入りが実際にしている仕事

 考えて見るとお気に入りは、必ずしも一つの使用目的ではない。よく行くページだけをブックマークに入れているわけではない。個人的な使用法方としては

・よく行く巡回するページへのアクセスをよくする
・便利に使いたいWebツールへアクセスする
・覚えておきたいページをメモする
・ローカルの良く使うフォルダへのアクセスをよくする

 ブラウザの起動も遅くなるし、あまりに弊害が多いと思って以来、もっとシンプルにする為に私なりに使い方を考えてみたりした。


■具体的にどうするか

□更新チェックを巡回するページへのアクセス
 本当に良く行くのでアクセスを良くしたいという物のうち、更新された部分だけを見たいようなサイトの場合。見に行ってから更新しているかチェックするのはあまり効率がいいとはいえないので、アンテナやWWWCのような更新をチェックするものに任せてしまえばいい。この本当にお気に入りの用途として使うには、更新チェックの方が優れていると思う。

□リファレンス的に使うページ
 例外的には、更新されていなくても、情報量が十分に多いので、必要に応じて何度も訪れて内容を確認したいようなサイト、例えば辞書や何かのリファレンスみたいなサイトとかは、更新をチェックしても意味がないので、直ぐアクセスできるようにしたいので、ブラウザのお気に入りに分担してもよさそう。しかし、このタイプの用途には実際にページ移動した後検索とかするわけで、直接検索バーとかアドレスバーとか、良く使うランチャなんかに登録してしまえば、直接使えるので実際にはその方がアクセスが良いかも。視覚的な補助が少ないので思い出す意味合いや、視認性などは低下しそうだけど、その辺で、使用するヒントが出る工夫が要りそうだけど。

□ブックマークをWebに出す
場所を覚えておきたいとか
 そんなに良く使うわけではないけど、忘れてしまわないように場所だけ覚えておきたいという用途ならば、別にブラウザのお気に入りでなくても場所さえ覚えて入れれば問題ないわけで

 個人的に採っている対策は、増えすぎるお気に入りをWebに出してしまおうと、言うことで、HDNはそれを何とかする為に作った側面がある。HDNからいけるソーシャルブックマークも同様にブックマークの増加を防ぐ為に使っている。自分がしているブックマークを何とかする方法を適当に列挙してみる。

・ソーシャルブックマークを使う
・ブックマークを複数使う(独自お気に入りを扱うブラウザだと管理が楽)
・ブックマークをHTML化してブックマークするページ自体をまとめてしまう。
・リンクの切れているブックマークを素早く取り外して軽量化する

参考
HDN: お気に入りをHTMLにする
http://toollinks.seesaa.net/article/5819656.html
HDN: IEお気に入りリンク切れチェック
http://toollinks.seesaa.net/article/5819157.html


■HTML化するというのは?

□関連性のあるページ
 あくまで、個人的な使用の仕方の一例に過ぎないけれども、良く使うURLでもセットで使われるものとか、関連性が高いブックマークがあったりする。この場合、一緒に見れたほうが便利だし、片方を見るときにもう一方を見ることを思いつくことが重要な場合がある。そういうときにHTMLファイルを作って、同じ系統のものとか、関連性があるものをHTMLファイルにまとめ、リンク集のようにしてローカルのどこかのディレクトリにおいておく。で、それをブックマークに入れておく。すると、必要な情報を一つにまとめて、便利になる気がする上に数も少々減る。

□必ず同時に開くページ
 だたし、必ず、同時に開く必要があるものは、最近のブラウザには良くついているグループ機能や、このフォルダのブックマークを全て開くというような動作で固めている。


■Webにブックマークを出すと、何がよいか

 少々使いにくくなることも想定して、ソーシャルブックマークなどを使った訳ですが、実際に使ってみると、予想外の便利さがあるのに気づく。普通のブックマークより便利な面があったりする。

・違うPCから使える。
・リカバリしてもなくならない。ブラウザを変えてもなくならない。
・バックアップがされる効果がある。
・ブラウザの起動時の読み込みがない
・アクセシビリティも意外と高い
・お気に入りの検索が標準的についてるので、自分のソフトに頼らない検索が出来る
・カテゴリ分けやコメントの機能の効果が高い。
・タグが他の効果も生む場合が多い。


■お気に入りの検索は便利か

 どこかのページを見て何か思いつくとき、前に見たページを見たくなることは非常に多い。しかし、それが必ずしもGoogleなどで直ぐに見つかる場所にあるかというとそうでもなく、いちいち探さなければいけない。そういうときに、お気に入りを検索にかけるとメモしていたならば一発で見つかる。
 人間は既に見たものや知っているものから色々考えるので、ふと思い出して見たいページというのは一度依然見たページで、知らないことではなく、思い出したことを検索する場合は、Googleの検索よりお気に入りの検索の方が私の場合は精度が格段に高い。無駄にお気に入りに入れまくってる為ということもあるとは思う。しかし、正直この用途だけでも便利な気がする。

□ログの検索
 本当はこういう機能というのは、ブラウザの履歴やログから検索する履歴検索みたいなものの方がブックマークに登録するより手間が省けて更に便利なのだが、履歴を大量に取っておくのも微妙なので、どうしても履歴日数が限られる。時間を経ても必要性が劣化しないものはブックマーク検索のほうが、より適切だと思う。


■お気に入りは独自にするべきか、IEと共用にするべきか

 お気に入りが独自か、IEと同じかという話は、ブラウザを使うときに、話題になるものの一つだと思うが、ここまでの流れから既に分かるかもしれないが、個人的にはブラウザを選ぶときに独自お気に入りであることは非常に重要な要素で、独自でなければ使わない。IEのお気に入りと一緒では不便だと考えているからだ。


■何故独自のを選びたいか?

 エクスプローラのお気に入りと、IEのお気に入りは同じものになってしまうが、実はそれぞれで必要な機能は、かなり違う。

 IEのお気に入りでは、Webページへのアクセスが高い方が望ましい。一方、エクスプローラではファイラとして使うときには、お気に入りは好きなディレクトリへ素早くアクセスする為にローカルのディレクトリが多く登録されている方が望ましい。

 つまり、IEもエクスプローラも「お気に入り」として同じものを使っているが、登録されいるものは違った方遥かに便利だと考える。実際使ってみると明らかに差がある。ファイラなどを使っている人はIEと共用のお気に入りでもいいかもしれないが、細かい部分では差が出る。特にIEのお気に入りは、保存するときの保存先を指定する際、開くときファイルの指定する際など、様々な所で出てくるダイアログなどのWin共通部品でも使われることが多いので、他の全く関係の無いソフトを使っているときにも地味に気になる。
 というか、個人的には、保存するときなどに、素早く保存先を変更できなかったりして、無いとかなり不便に思う。


■人がやっている事とかを見つけたの
□ちょっと違った視点1(Fenrirでお気に入りを管理)
 HTMLにするといったけど単にファイルでやるという手もある。そうすると最近だとfenrirとかを使って、お気に入りのフォルダだけscanして検索すると、いい感じの精度で検索できる。関連付けをブラウザにしておけば、ページ名を覚えているのならば、直で開ける。スキャンさえしてしまえば特別Fenrirである必要性も無い。手で打ち込む関係上どうしてもページタイトルとかが必要になる。

参考:bbox
http://d.hatena.ne.jp/monk_saruhobo/20051230
ここのサイトの人がやっている。具体的には、使ってる人の奴を観察した方がいいと思う。
 
□ちょっと違った視点2(テキストでお気に入りを管理)
 覚えてられない場合は、コメントをつけ、コメントも検索できればいい。のでコメントをつけるようにする。テキストファイルをお気に入り代わりにしていたり(Grepとか出来そうなので、案外便利なのかも)する場合もあるようだ。

参考:覚えらんない人のためのオンラインソフト備忘録 - ブックマークをテキストで管理する
http://d.hatena.ne.jp/ka8823ge/20040015
ここでみた。
 または、人によっては、紙やWebBoxのようなソフト、またはダウンローダで、ごっそりとローカルファイルに取り込んでしまったり、してる人もいるようだ。


■HDN関連
HDN: ブラウザ紹介サイトリンク
http://toollinks.seesaa.net/article/2108362.html
HDN: ブラウザを選ぼう
http://toollinks.seesaa.net/article/8057614.html
posted by リンクしてる人 at 10:02 | Comment(0) | TrackBack(1) | 雑記
関連IT用語解説 Powered by e-Words
関連書籍
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/12239160

del.icio.usというツール。
Excerpt: del.icio.usを使ってみる。 IEやネットスケープが動き始めてからもうずいぶんと経ちますが、そのころからあまり変わっていないのがブックマークのような気がします。このブラウザに ついてい..
Weblog: dIG iT.
Tracked: 2006-03-05 16:27